長澤まさみ、坂口杏里、加藤綾子…何故女性芸能人はホストクラブにハマるのか?

ホストクラブにハマっている(た)とされる女性芸能人は意外にも多く、女優の長澤まさみから元タレントで現AV女優の坂口杏里、それからアナウンサーの加藤綾子まで、様々なジャンルの一流有名人が顔をそろえています。

では、何故女性芸能人はホストクラブにハマりやすいのでしょうか。

更新日 2018年03月31日

本日 1pv

合計 1103pv



  出典 images.pexels.com

一般的に、芸能関係の仕事の報酬は比較的高く設定されています。
そのためか、SPEEDの今井絵理子議員の資産額は1億円近くもあります。

もちろんあまり売れていない芸能人の場合は、アルバイトもして食いつないでいるケースもありますが、週1回キー局でレギュラーがある程度でもかなりの額を稼ぎ出しています。

ホストクラブに通うと、1回3万円は消費するため、ホストクラブに女性芸能人が沢山来店するのもあながち妥当なのかもしれません。


  出典 images.pexels.com

女性芸能人は
・素の自分を出せない
・裏での縦社会と表での結果主義
・年齢による需要と供給の変化

と日々戦っており、テレビや雑誌などのメディアに出演することもあってか、そのストレスは尋常ではありません。

素の自分〜と裏での縦社会〜は男性芸能人にも共通していますが、年齢による需要〜は女性芸能人ならではのものです。

男性は40代になってもアイドルとして第一線を走り続けている人もいますが、女性は10代後半〜20代前半頃が最もちやほやされ、その後生き残れるかは事務所や本人の人脈や実力、運や社会の流れなどが物を言います。

一方、ホストクラブでは年齢を問わずちやほやされるため、ホストクラブにハマる女性芸能人も多いのです。


  出典 images.pexels.com

女性芸能人は基本的に多忙です。
また、芸能人の場合は異性関係に気を付けるよう注意されることもあり、一般女性のように気軽に男性とは交際できません。

ですがホストクラブの男性の場合、女性が疑似恋愛であることを理解し、さらに男性側も仕事だと割り切ったスタンスでいると、くっつきたい時にくっつくことができ、離れたい時に離れられる恋愛ができます。

良くも悪くも「都合の良い恋愛」ですが、お互いにメリットも多いのです。


  出典 images.pexels.com

芸能界入りした理由として
「街でたまたまスカウトされて」
「家族が送った履歴書が通って」

なども語られますが、若い芸能人の場合は学業を、元々社会に出ていた人の場合はキャリアを捨てて芸能界に入るため、偶然を装った素振りはアテになりません。

こうした芸能界入りした理由が真実だとして、偶然を装った素振りを嘘と見るのであれば、突き詰めれば「華やかな芸能界に元から憧れていたが、一押し足りなかった」方が事実でしょう。(※趣味で演劇や歌などをやっていた人は別ですが)

華やかさに憧れて芸能界入りした女性は、見事成功してお金に余裕が出てきたら高級店でディナーをしたり、ブランド品を購入する様になります。

ホストクラブが好きな女性芸能人は、"華やか欲"の解消どころがホストクラブであっただけの話なのかもしれません。


  出典 www.pakutaso.com

余談ですが、華やかな世界に飛び込みたいと思いの裏にある心理としては、「現実に満足していない」が挙げられます。

嗣永桃子は「アイドルはいじめに遭っていた人が多い」と分析し、実際多くのアイドルがいじめから脱却するために芸能界入りをしています。

ホストクラブ通いをする女性芸能人が多いのには、このような背景があります。
日々テレビを自らのオーラで彩る女性芸能人たち。

坂口杏里や脇坂英理子などといった、ホスト通いが原因で"引退"を余儀なくされた人もいますが、現在活躍されている方はくれぐれも道を踏み外さないことを願います。

ホストクラブ通いが噂された芸能人まとめ!-坂口杏里編- 彼女の転落人生を赤裸々に暴露する! - HOSPARK(ホスパーク)
http://hostclub.biz/matome/8228477908866503818
今も昔も芸能人や有名人のホストクラブ通いって噂になりますよね。全てではないのですが、その多くは事実だったりするのが現実です。 多くの一流の男たちを見てきた芸能人を夢中にさせるホストって、具体的にはどこのホストクラブのどのホストさんなのでしょうか? 今回は坂口杏里さんの真実を徹底的に調査してみました。

 コメント


はてなブックマークに追加 Google+でシェア

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)HOSPARK(ホスパーク) All Rights Reserved.