【ホスト】女性がついついホストクラブにハマってしまう理由5選

優しい口調のホストが、女声に接客をする「ホストクラブ」。いわばキャバクラの性別反対版みたいなものです。そんなホストクラブに通う女性の中には、借金や風俗に手を出してまで通う女性もおり「借金をして借金を返済するために風俗で働く」はもはや定番ともなっています。では、なぜ女性はそこまでしてでも通いたがるのでしょうか。

更新日 2016年10月10日

本日 0pv

合計 3257pv



  出典 www.pakutaso.com

「ホストクラブ?あー、女性を男性がエスコートするクラブね。キャバクラの性別反対版」。多くの人は、ホストクラブについて一生この認識でいるかと思います。では、どうして女性は接点が少ないであろうホストクラブにハマって通うのでしょうか。今回は誰もが一度は疑問に思ったことがある「ホストクラブにハマる理由」を解明していきます。


  出典 www.pakutaso.com

よく、ホストいってるとか 痛いとか寂しい奴とかメンヘラか とか言われてたな。 でもみーんな最初は ただ純粋な恋からが始まりだと思う。 痛い奴、寂しい奴、メンヘラにさせたのは貴方だった。始めてこんなに人に依存した…

Tue, 04 Oct 2016 22:45:54 +0900

このツイートの冒頭のように「寂しいからホストクラブに通う」女性はかなりいます。

ある程度の年齢になれば独身というわけにもいきませんし、既婚者になっても夫が色々な意味でダメ夫なら「話を聞いてくれる異性が欲しい」「誰かに心を開きたい」と思うのもおかしくありません。自分の愚痴を文句言わずに聞いてくれ、そして優しい言葉をかけてくれる。そんな男性を求めた結果、いつの間にかホストに行き着いていたのです。

一風変わったホストクラブを舞台にした漫画に『なごみクラブ』があります。『なごみクラブ』は架空の同名クラブを舞台とした漫画で、そこにはホストクラブにはないアットホームな雰囲気があります。

今はあくまでも架空の世界のお話ですが、将来的にこんなホストクラブが誕生してもおかしくないですね。


  出典 www.pakutaso.com

ホストクラブには「女子力をアピールしたい」お客さんも来ます。「現実世界でマウンティングすればいい話…」かもしれませんが、ホストクラブほど大量の女性が自身の思い思いのファッションに身を包んで、男性に囲まれる場なんてありません。

キャバクラではマウンティングするたびストレスが溜まっていい環境ではないですし、風俗はそもそも論外。職場もいいですが、中小企業や地味な社風の企業だと競争相手を見いだせなくなります。

その点ホストクラブはレベルの高い女性ばかり集まるので、お互いの女子力をマウンティングしやすいのです。


  出典 pixabay.com

根っから女子力がある人は別ですが、そうでない人にとって女子力をキープすることは簡単ではありません。「女子力」の定義は難しいものの、素人目から見ても女子力をキープするためにやらなければならないことはたくさんあります。

うっかりぽちゃらないように食事は節制しなければなりませんし、仕事が忙しくてうっかりお風呂に入り忘れたら一晩で女子力は削がれますし、人前で下品な仕草を見せたら一瞬で女子力は削がれます。

女子力をつけ、キープするのに一番いいのは彼氏を作ることというのは良く言ったものですが、そんなに彼氏探しに日常を避けるわけではありません。確かにホストクラブに行けば、一定程度の女子力は保てますね。


  出典 pixabay.com

一般的な会社員女性の日常は、とても退屈なものです。朝起きたら会社に出勤して、お昼を食べて、夕方から夜に退社して、家に帰ったりショッピングしたりしてアフター5を満喫して、満喫したらお風呂入って寝て、そしてまた起きて…その繰り返しだという人が多いかと思います。この間に子育てが入る人もいるかと思いますが、ベースは変わりません。

小学校の頃からほぼ同じような生活サイクルを送っているものの、学生時代は夏休みや冬休み、それから春休みなどのお休みがたくさんありました。それに対し、今は生活費を稼ぐために一年中仕事をする日々。これに対してホストクラブは、きらびやかな照明や内装、それに心を満たすようなイケメンにおもてなし。何もかもが非日常の空間です。

いわゆる「普通の人」も、ときたま旅行やブランドバッグを買ったりするかと思います。性別問わず非日常を味わいたいと思っている人は多く、このような女性は「非日常がホストクラブだった」だけなのかもしれません。

人生で一度はホストクラブに行ってみたいな〜と思うのですが、行ってみたと同時に色々終わりそうな気がするのです、

Fri, 23 Sep 2016 20:23:21 +0900

リアライブっていう歌舞伎町にあるホストに行きたくて迷っとる(笑)ホスト行ってみたすぎ

Fri, 30 Sep 2016 22:00:01 +0900

このように、ホストクラブに行ってみたいと思う「いわゆる」一般女性は多くいます。一般女性はまともな人間に戻れないだろうからやめる、やお金がないからやめる、でなんとか我慢する人もいますが、実際に行く女性もいます。

好奇心でホストクラブに行った女性を迎え撃つのは、ホストクラブならではのきらびやかな世界。別にその気がなくても日常生活に不満があればハマってしまうかもしれません。

暇だからホストクラブに行ってみた - 暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ
http://joshi-daisei.hatenablog.com/entry/2014/07/17/202247
こんばんは。暇な女子大生です。 暇な女子大生です、と堂々と言っているわりにはもう女子大生ではありません。今年の3月に大学を卒業して、今はもう何でもありません。 もう一か月以上も前の話になりますが、名古屋からやって来た名古屋嬢みさとちゃんというアルファツイッタラーさんと一緒にホストクラブへ行った時のことを書こうと思います…

この前まで大学生だったという女性がホストクラブに行ったときの記事です。

何かのきっかけでホストクラブにハマり、そして通う女性は少なくありません。一部では「一晩で100万円とか、それってバカじゃないの?」と見る見方もありますが、ホストクラブに通う女性はそんなにやわではありませんし、世間の目を振り切って行くのですから、むしろ普通の女性よりしなやかでしたたかかもしれません。ホスト通い自体は悪くありませんが、ホスト通いで人生を狂わされないように注意が必要です。


 コメント


はてなブックマークに追加 Google+でシェア

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)HOSPARK(ホスパーク) All Rights Reserved.