【結果主義】どう生き抜けば成功できる?ホストから学ぶ成功哲学

最近、日本でもその潮流が強まりつつある「結果主義」。すでに起業家の世界では結果主義が導入されていますが、最近ではサラリーマンの世界でも謳われるようになりました。とはいっても、いきなり結果主義で上に行くのは難しいもの。今回は結果主義で成功する哲学をホストから学びます。

更新日 2016年10月14日

本日 1pv

合計 1303pv



  出典 www.pakutaso.com

現在日本で使われている「結果主義」とはこのような考えを指します。

企業において、業務の成果のみによって評価し、それに至るまでの過程(プロセス)は無視して、報酬や人事を決定すること。

  出典 成果主義 - Wikipedia

日本企業ではようやく取り入れられ始めた段階にある「結果主義」ですが、ホストクラブではだいぶ前からこのような考えが導入されています。

※「日本の会社で導入されている成果主義は、失敗だけ評価され、成功は評価されないから間違っている」という意見も少なからずあるかと思いますが、今回は失敗も成功も平等に評価される前提で話を進めます。


  出典 pixabay.com

何をするにも、結果を出すには継続してやることが必須事項です。
競争の激しいホストの世界では、1年未満でやめる人も珍しくありません。
その一方で「サラリーマン以上の収入を得ているホストの大半」は1年以上働いています。

今でもホストには「楽して稼げる」イメージがあるものの、残念ながらホストは楽して稼げる世界ではありません。
ホストも結果主義のサラリーマンも同じです。
結果が出ないと悩んでいるのであれば、最低3年はそのことを続けてみましょう。

きっと3年経った頃には、今よりも大きい成果が得られているはずです。


  出典 pixabay.com

現役ホストながらに、その知名度も高い「渚光(なぎさひかる)」さん。
その渚光さんの魅力は「接客の誠実さ」にあります。
渚光さんは丁寧な接客をした結果、指名して後悔しないホストの1人となり、今では年に1億円以上もの額を稼ぎ出すトッププレイヤーになりました。

成功したホストで他人とのつながりを大切にしている人は少なくありません。
夕聖(ゆうせい)さんは、著書「時給100万円の会話術」の中で「相手の宝探しをする」と断言していますし、信長さんも「できる人より好かれる人のほうが出世する」と自ら出版したビジネス本の中で語っています。

結果主義のサラリーマンの場合、これと同じことがいえます。
年功序列時代は部下を雑に扱っても出世できましたが、今では部下を雑に扱っていると、その部下が先に出世して、その部下に下げられることも考えられます。
人に落とされないようにするには、人に対して尊敬の意を持って接するのも大切なのです。

現役有名ホストに直撃!有名ホストの人気の秘訣は?~渚光編~ - HOSPARK(ホスパーク)
http://hostclub.biz/matome/2233088378744791546
最近ホストクラブで遊ぶようになったけど、まだまだ街の事も街の有名人のことも知らないかも…。 そんな方のために有名ホストを紹介します!ひとりひとりしっかり紹介するので是非参考にしてみて下さいね!有名人クラスになるとちょっと一味違う人が多いですよ!
損得で生きるのをやめたから三重苦でもどうにかなった | KENTA NAGAKURA
http://kentanagakura.com/2016/10/09/sontokudeikinowoyametakara/

歌舞伎町で働いたあと、ギャンブルをするためにアメリカに渡り、その後紆余曲折を経て現在では独立している長倉顕太さんのブログです。
今の資本主義社会では、損得勘定で生きても損するだけです。人に誠実に接するには、損得勘定からの脱出も必要です。


  出典 pixabay.com

結果主義社会では、とことん人と比べられます。「同期のあいつは今じゃナンバーツーなのにお前といったら…」「あいつはお前より若いのにお前より稼いでるんだぜ?」こういった言葉は、ホスト用語の部分を普通の言葉に変えれば、サラリーマンでもしょっちゅう言われます。

こういった言葉をかけられると、自分の自信が折れるのが人間です。とはいっても、スピリチュアルの世界では「引き寄せの法則」という法則が言われることもあります。自分への自信を失うと、仕事で結果を出せなくなるかもしれません。

また、間違った方法で自分への自信をつけると人に追い抜かされたときに、簡単に折れてしまいます。結果主義社会では、結果を出すために自分への自信を正しくつける必要があります。自分への自信がない人は、それを何とか身に付けられるように頑張ってみては?

折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)

¥778

ホストをやっていた人の著書ではありませんが、誰に何を言われても折れない自信をつくりたい人必読の書です。


  出典 www.pakutaso.com

結果主義社会で成功するには、結果を無視して、我が道を行ったほうがいいのかもしれません。
結果主義というと結果を重視して、結果に一喜一憂する人がいますが、それより「いつの間に結果を出していた」方がメンタル面では幸せになれます。

結果主義では結果を出した人が報われる一方、結果を出さない人は全く報われません。
そんな厳しい世界を上手に切り抜けるには、いわゆる「鈍感力」も必要なのかもしれません。


 コメント


はてなブックマークに追加 Google+でシェア

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)HOSPARK(ホスパーク) All Rights Reserved.