なぜ歌舞伎町アングラの世界になったの?歌舞伎町の歴史を紐解いてみる

「歌舞伎町」というと、ホストやキャバクラ、など何かと「アンダーグラウンド」なイメージを思い浮かべる人もいるかと思います。ただ、いつからアンダーグラウンドな街になったかについてはあまり知られておらず、疑問に思っている人もいるかと思います。では、どうしてアンダーグラウンドな街になったのでしょうか。

更新日 2016年10月14日

本日 3pv

合計 5289pv



  出典 www.bousou.co.jp

もともとは元大村藩主大村氏邸があったところで、今とは間逆な場所でした。

明治時代初期は鴨場(鴨を捕まえる場所)として栄えてきましたが、1893年に淀橋浄水場ができるため、埋め立てられました。
1920年に東京府立第五女学校が開校すると、その周りに軍人や大臣の邸宅があることもあり、さらに上品な街に。
その後は閑静な住宅街として都市化が進んでいきましたが、歌舞伎町の街を揺るがす出来事が起きます。


  出典 upload.wikimedia.org

1945年、東京の街を大空襲が襲いました。
もちろんこの歌舞伎町の街も焼け野原になり、一面まっさらになりました。
その後、日本は第二次世界大戦から降伏。
日本の都市計画家・石川栄耀さんによって現在のような歌舞伎町案が持ち出されます。
ただ、この石川栄耀さんの計画は財政面などでやめになりました。

東京大空襲についてもっと知りたい方は、以下に紹介する本もどうぞご覧下さい。


  出典 pixabay.com

そんな歌舞伎町が今のような街に発展を遂げるのは、1950年、東京府立第五女学校の跡地にスケートリンクを始め数々の劇場やゲームセンターができたことがきっかけでした。

さらに歌舞伎町を盛り上げたのが、1952年に西武新宿線の西武新宿駅が歌舞伎町の近くにできたことです。
当時はあくまでも仮駅としての役割のみでしたが、新宿東口への乗り入れ案が頓挫したことで、西武新宿駅は歌舞伎町近くに駅を構えることになりました。

ホストクラブは1956年に東京駅前に「ナイト東京」が完成し、そこから日本のホスト文化がスタートしましたが、まだ歌舞伎町にはホストクラブがありませんでした。


  出典 www.aidakanko.com

当時の写真

当時とかなり雰囲気が違うことがわかります。

現在よりかっちりとした雰囲気があり、

大人の社交場であることを伺わせますね。

歌舞伎町のホストクラブのお初は、1972年に開業した「ニュー愛」でした。創業者の愛田武さんは1968年にナイト東京に入店し、1971年に新宿二丁目に「愛」を、そして二号店としてこのお店をオープンさせました。

ホストクラブ 愛田観光(株)グループ
http://www.aidakanko.com/index.html
ホストクラブ 愛田観光 公式サイト

ちなみにですが、今も歌舞伎町で元気に経営しています。
テレビ出演も多く、安心感もあるので、初心者の人はまずここに行くといいかもしれません。

日本にホストクラブが誕生し、1990年代前半まではホストクラブへのイメージは「いかにもいかがわしくて、中年女性が遊びに行くところ」というイメージでした。
しかし、1990年代後半からホストを題材にした漫画などが登場すると、そのイメージは「派手で若い女性が遊びに行くところ」に変化しました。

ただ、若い女性が増えたこともあって、2000年代にはホストが歌舞伎町のクリーン化を目指す動きも見られました。
2005年には、全国初のホストによるボランティア団体「夜鳥の界」が結成されます。
夜鳥の界は今もクリーン運動を積極的に行っており、地震のときには義援金を寄付した過去もあります。

また、2008年には警察や商店街組合、それから愛田武さんがタッグを組んだ「歌舞伎町ホストクラブ協力会」が結成され、2008年には東京マラソンの警備にも協力しました。


  出典 upload.wikimedia.org

今では日本一どころか世界有数の歓楽街となっており、昼間にはツアーコンダクターが率いる外国人観光客の姿も多く見られます。
歌舞伎町は昨今の不景気の中でも「うちだけは関係ない!」と言わんばかりに今後も発展していきそうです。
(少なくとも2020年東京オリンピックまでは)

はてなブックマークに追加 Google+でシェア

関連まとめ



話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)HOSPARK(ホスパーク) All Rights Reserved.