「ブロックチェーンが完成するということ」ファイルコイン・IPFSの意義 Sponsored by SIGOOT

「ブロックチェーンが完成するということ」ファイルコイン・IPFSの意義  Sponsored by SIGOOT


     

「ブロックチェーンが完成するということ」ファイルコイン・IPFSの意義 Sponsored by SIGOOT

メインネット公開されたFilecoinをマイニングできるFILPOWER powered by Filecoin Minerが少額から購入可能な限定プランをリリース

▶︎動画のあらすじ
分散型ストレージネットワークのファイルコイン(Filecoin)が、10月15日にメインネットを立ち上げた。

2017年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)から3年。2億ドル(約210億円)という巨額な調達資金に加えて、セコイア・キャピタルやアンドリーセン・ホロウィッツ、スタンフォード大学、スカイプなどシリコンバレーを代表する投資家が出資した事実は、ファイルコインの期待が並大抵でないことの表れだった。

ファイルコインと次世代のデータ管理プロトコルであるIPFSは表裏一体。開発を手掛けるのは、米国シリコンバレーのProtocol Labs社だ。PCやスマートフォンのストレージの空き領域をネットワークに提供することで巨大なクラウドを形成し、安全にデータを分散して保管することができるネットワークの構築する。中央集権的なHTTPに紐づくネットワークの代替を目指すというわけだ。

「ファイルコインとIPFSの登場によってブロックチェーンが完成する」

このように話すのは、IPFS用ストレージのレンタルサービスを提供するSIGOOT社の代表取締役である西村拓生氏だ。黎明期から25年以上もインターネット業界を見てきた同氏は、WEB3.0の時代がファイルコインとIPFSによっていよいよ開幕するみている。

インターネットの歴史におけるファイルコインとIPFSの革新性とは何か?コインテレグラフのYouTubeチャンネルで西村氏が分析する。

▶︎出演者
株式会社SIGOOT代表取締役 西村拓生氏

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:

コインテレグラフ日本版の公式LINE:

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:

#ファイルコイン#仮想通貨#SIGOOT

ブロックチェーンカテゴリの最新記事