新たな価値で地域活性 まちのコイン「まーる」説明会

新たな価値で地域活性 まちのコイン「まーる」説明会


     

新たな価値で地域活性 まちのコイン「まーる」説明会

7月31日午後2時から石垣市民会館展示ホールで株式会社カヤックゼロによるまちのコイン「まーる」説明会が行われた。

 カヤックゼロ取締役の佐藤ひろこ氏によれば、この「まちのコイン」は、全国の12の自治体で既に運用されているおり、鎌倉でも稼働しているとのこと。

 スマホを使って、やりとりするコインで、円には換金できないが、誰かの役に立つ体験と交換することも可能なもの。店の顧客へクーポンを出すように、まーるというコインをあげて、それが貯まれば魅力的な体験ができるようにも、企画・運用ができる模様。

 石垣市の換金はできないが、地域活性をねらう通貨として、活用できるということ。

 この日は、そんな新たな価値を見出すコイン流通に関心持つ人、約25人ほどが会場に集まって、説明会を聞いていた。

 佐藤さんによれば、コインの単位をいう「まーる」はゆいまーるからきているとのこと。8月29日に稼働する予定で、その日にイベントを計画してきたが、コロナの影響で難しくなり、イベントは実現できそうにないが、まーるコインの運用は、8月29日にスタートさせるとのこと。

 そのための説明会に約20社ほどが関心を示しており、この日のイベントとなったとのこと。

タイムコインカテゴリの最新記事