昭和にタイムスリップ! 懐かしの家電、足立区で企画展

昭和にタイムスリップ! 懐かしの家電、足立区で企画展


     

昭和にタイムスリップ! 懐かしの家電、足立区で企画展

足立区立郷土博物館では昭和の懐かしい家電製品などを集めた企画展が始まりました。いわゆる「白物家電」からユニークな生活雑貨まで貴重な品々が並んでいます。
 洗濯機、テレビ、冷蔵庫という高度成長期に「三種の神器」と呼ばれ庶民の憧れだった家電製品は当時を知る人には懐かしく、若い世代にとってはレトロでかわいらしいデザインです。これらの展示品は「大阪市立住まいのミュージアム」の研究員・増田健一さんが収集したものです。
 コレクションの中にはユニークなものもあります。昭和31年(1956年)に発売された『テレビ型ラジオ』はテレビがまだ高価だった時代に「気分だけでもテレビを味わってもらおう」とつくられ
■■↓全文を見る■■

タイムコインカテゴリの最新記事